社会医療法人 博友会

社会医療法人博友会は医療・看護・介護を通して地域に貢献いたします。

レボメプロマジン(商品名:レボトミン、ヒルナミン) の基本的な効果効能 併用注意 副作用の情報

レボメプロマジンは、気持ちの高ぶりや、イライラ、不眠などの症状を抑えるために使用される薬です。フェノチアジン系(プロピル側鎖)の定型抗精神病薬です。とくに、不安感や興奮状態をしずめる作用が高く、睡眠作用も強いほうです。

 

レボメプロマジンの製造元

田辺三菱製薬株式会社

レボトミン散10%・レボトミン散50%

レボトミン顆粒10%

レボトミン錠5mg・レボトミン錠25mg・レボトミン錠50mg

 

共和薬品工業株式会社

ヒルナミン散50%

ヒルナミン細粒10%

ヒルナミン錠(5mg)・ヒルナミン錠(25mg)・ヒルナミン錠(50mg)

 

鶴原製薬株式会社

レボメプロマジン錠25mg

 

レボメプロマジンの適応

統合失調症の陽性症状を改善するためには、脳内で働いているドパミンの作用を抑えることが有効です。ドパミンは、ドパミン受容体(D受容体)との結合することで作用します。その中でも、統合失調症ではD2受容体(ドパミン2受容体)が重要です。

 薬によってあらかじめD2受容体を阻害させておくことで、ドパミンと受容体の結合を抑止することで、統合失調症の症状を軽減させる効果が期待できます。

 

気分を落ち着ける作用があるので、統合失調症のほか、躁病やうつ病などいろいろな精神症状の改善に使われます。寝つきをよくする作用もあるので、不眠に用いることもあります。

陽性症状(妄想、幻覚、幻聴、混乱、興奮)によく効きますが、陰性症状(感情鈍麻、思考・意欲減退)にも有効です。

 

レボメプロマジン服用上の注意

 

1.【下記の項目に該当する方は、診察時に必ず医師と相談する】

・持病やアレルギーがある。

・心臓病、肝臓病、腎臓病、褐色細胞腫、動脈硬化症、てんかん、呼吸器系の病気がある。

・別に薬を飲んでいる(精神系の薬以外も含む)

 

2.【他の薬の飲み合わせに注意する】

・他の安定剤など脳の神経をしずめる薬といっしょに飲むと、作用が強くなりすぎたり、副作用が強まるおそれがあります。

・降圧薬との併用では、めまいや立ちくらみが起こりやすくなります。また、ある種の吐き気止めとの併用により、内分泌異常や手のふるえなどの副作用がでやすくなります。

・アルコールといっしょに飲むと、眠気やふらつき、立ちくらみなどの副作用がでやすくなります。

 

レボメプロマジンの副作用

以下の様な副作用が報告されています。

 

・眠気がしたり、注意力や反射運動能力が低下することがあります。車の運転など危険な作業は注意してください。

・薬の影響で体温が異常に上がることがあります。熱射病や熱中症を起こさないよう、高温の場所での作業、激しい運動、また夏の暑さに注意してください。

 

その他、手のふるえ、体の硬直、つっぱり、発汗、口の渇き、尿が出にくい、便秘、頻脈、血圧低下、立ちくらみ、動悸、頭痛、めまいなどがあります。