社会医療法人 博友会

社会医療法人博友会は医療・看護・介護を通して地域に貢献いたします。

【統合失調症のメカニズムをやさしく解説】統合失調症は脳内が興奮状態が暴走したときに起こる。

【統合失調症の原因】

統合失調症の原因は残念ながらまだはっきりとは解明されていません。現時点では患者の脳内で神経伝達物質の濃度異常が起きていることが、発症と関係しているといわれています。神経伝達物質とは、脳を構成している神経細胞同士の情報伝達に利用される物質を指します。

具体的には、三大神経伝達物質の1つであるドパミンという物質の作用が過剰となると、幻覚や妄想が出現しやすくなることがわかっています。統合失調症の陽性症状のとき脳内では、ドーパミンの過剰発生が起きていると考えられています。

『ドーパミン』は、『セロトニン』・『ノルアドレナリン』と合わせて三大神経伝達物質と言われています。

これらは脳内や中枢神経系で働く神経伝達物質のうち、モノアミン神経系と呼ばれる神経伝達物質です。

人の感情や精神面、記憶や運動機能、睡眠といった、人体の重要な機能に深く影響を与えているため、しばしば三大神経伝達物質と呼ばれます。

 

どうしてドーパミンが過剰になると、統合失調症の症状がでるのか。今回は、ドーパミンを含め、セロトニンとノルアドレナリンそれぞれの働きの特徴などをご紹介します。

 

【それぞれの役割と特徴】

ドーパミンの役割と特徴

≪役割≫

・快楽を司り報酬系と言われる神経伝達物質

・向上心やモチベーション、記憶や学習能力、運動機能に関与

・ノルアドレナリンの前駆体

≪特徴≫

分泌が不足すると、物事への関心が薄れ、運動機能、学習機能、性機能が低下する可能性があります。ドーパミンの分泌が過剰だと、統合失調症や過食症、その他アルコール依存症やギャンブル依存症など様々な依存症を引き起こす可能性があります。

 

ノルアドレナリンの役割と特徴

≪役割≫

物事への意欲の源、生存本能に深く関係します。ストレスに反応して怒りや不安・恐怖などの感情を起こすため、「怒りのホルモン」や「ストレスホルモン」などとも呼ばれます。また、交感神経を刺激して心身を覚醒させる働きがあります。

≪役割≫

分泌が不足すると、気力や意欲の低下、物事への関心の低下など抑うつ状態になりやすいとされ、うつ病の原因とも考えられています。逆に、分泌が過剰だと、怒りっぽく、イライラ、キレやすくなり、躁状態を引き起こします。血圧が上がるため、高血圧症や糖尿病の原因になるとも言われています。

 

セロトニンの役割と特徴

≪役割≫

精神を安定させる役割をがあります。ノルアドレナリンやドーパミンの分泌量のバランスをとる働きをしています。咀嚼や呼吸、歩行といった反復する運動機能にも関与しています。

≪役割≫

セロトニンが不足すると、ぼーっとしやすい、鬱っぽくなる、パニックを起こしやすいなどの症状が現れます。投薬などで過剰になると、精神が不安定になったり、発汗や発熱、振戦(震え)など、セロトニン症候群という症状が起こることがあります。

 

『相互に影響しあう3つの関係』

通常は、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンはそれぞれが相互にバランスを保つことで、心身の安定が保たれます。

例えば、セロトニンとドーパミンの関係は、セロトニンがドーパミンの働きを制御することで保たれます。物事への興味や関心を得るためのモチベーションは、ドーパミンが放出されることで得られる「快感」によって生み出されていると考えられています。

一方、ドーパミンのみが過剰の分泌されると快感への欲求が止まらなくなります。そうならない様に欲求の制御を行い、正常な欲求の状態を維持する役割をするのが、セロトニンです。

セロトニンとドーパミンの分泌バランスが崩れると、心身に様々な影響が生じます。

ドーパミンの分泌が過剰なことで起こると考えられている疾病の一つが統合失調症があります。ですので、統合失調症の投薬治療には、セロトニンやドーパミンに働きかける薬が使用されます。

 

また、セロトニンとノルアドレナリンには、ノルアドレナリンによる身体の興奮をセロトニンが落ち着けているという関係があります。

ノルアドレナリンは、主にストレスに反応して分泌される物質で、ストレスに対して怒りや恐怖、不安などの感情の反応を示します。これは主に、本能的に心身を興奮状態にするスイッチとなります。ノルアドレナリンはアドレナリンの材料となるものです。火事場のバカ力の源になります。

ノルアドレナリンは脳を覚醒させ、集中力や判断力を高めまるなどの興奮作用があります。

ノルアドレナリンが過剰に分泌されたとき、その働きを抑えて精神を鎮静させるのがセロトニンです。セロトニンは抗ストレス作用を持ち、怒りや恐怖と言った不安を鎮めて、感情を安定させます。

 

最後はドーパミンとノルアドレナリンの関係です。

「快楽を司るドーパミン」と「怒りのホルモン・ノルアドレナリン」には、同じような作用があります。

ドーパミンとノルアドレナリンはストレスに強い関わりがあります。ストレスを受けると、ストレスに抗うためにノルアドレナリンが分泌されますが、同時にドーパミンも分泌されやすくなります。

ストレスはドーパミンから快感を得ることで素早く解消することができます。そのため強いストレスを受け続けると、その解消手段として快感を得られる何かを体が欲しがります。ドーパミンが暴走すると、アルコールなどの依存症に陥りやすくなります。

 

私たちの脳内では見えないところで、感情を司る神経伝達物質が様々な感情が過剰にならないように制御してくれているのです。 

 
 

【関連記事】