社会医療法人 博友会

社会医療法人博友会は医療・看護・介護を通して地域に貢献いたします。

【ミルナシプランについて】うつ病の基本 お薬について ミルナシプランの用語解説

ミルナシプランとは

Wiki

ミルナシプラン(英:Milnacipran)は、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれる抗うつ薬の1つである。日本で2000年に商品名トレドミンとして販売されている。後発医薬品も出ている。日本での適応は「うつ病・うつ状態」である。薬事法における劇薬である。

通常、1日投与量25mg程度からはじめ、100mgまで漸増し、数週間から数ヶ月使用する。ただし、投与量は年齢・症状に応じて適宜増減する。

 

【副作用】

主な副作用として、眠気、口渇、吐き気・嘔吐、便秘、排尿障害、頭痛、頻脈、腹痛、発疹、かゆみなどが報告されています。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。

・筋肉のこわばり、嚥下困難、頻脈[悪性症候群]

・錯乱、発汗、幻覚[セロトニン症候群]

・筋肉が発作的に収縮する状態[けいれん]

・高熱、寒気、のどの痛み[白血球減少]

・発熱、紅斑、眼充血[皮膚粘膜眼症候群などの重篤な皮膚障害]

 

 

ミルナシプランの説明に出てきた用語解説

・セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI) 抗うつ薬の一種。シナプスにおけるセロトニンとノルアドレナリンの再吸収を阻害することで、これらの神経伝達物質の濃度を増加させ、うつ症状、病気としての不安の改善を目指す薬。

・後発医薬品(ジェネリック医薬品):先発医薬品の独占的販売期間の終了後に発売される、先発医薬品と同じ有効成分で効能・効果、用法・用量が原則同一であり、先発医薬品に比べて低価格な医薬品。

・劇薬:毒薬に次いで生体に対する作用が強く,過量に使用するときわめて危険性が高い医薬品。

 

関連記事

うつ病に関するニュース201967

うつ病に関するニュース201989

うつ病に関するニュース201910

うつ病に関するニュース201911

うつ病に関するニュース201912