社会医療法人 博友会

社会医療法人博友会は医療・看護・介護を通して地域に貢献いたします。

【頭を打ったら…】こんな時は要注意!高齢者の転倒事故には気をつけよう!こまめな再検査をオススメします!

 

【忘れた頃に症状が出る慢性硬膜下血腫】

高齢者の転倒事故が増えています。頭部を打撲し頭蓋骨内に出血が起きていても、症状が出るのが数ヶ月後だったり、本人が頭を打ったことを忘れていたりして、発見が遅れることがあります。頭を打ったら必ず受診し、その後の経過を見ましょう。

 

 

高橋 克世 医師

医療法人社団博友会 平岸病院 神経科医長

 

 

【高齢者は1カ月後に再検査を】

頭を打ってから数カ月経って症状が出る慢性硬膜下血腫は、硬膜とクモ膜との間に数週間、数ヵ月かけて少量ずつ出血して血腫ができた状態です。

 

特にお酒をよく飲む高齢者に多いのですが、酔っていると頭をぶつけたという自覚がないために、症状が出ても認知症と間違われて、血腫の発見が遅れてしまうことがあります。血腫を除去するだけで完治することが多い経過が良好な疾患ですが、脳卒中やアルツハイマー病との鑑別診断も必要となりますので、気になる症状があったら必ず受診しましょう。

特に高齢者の場合は頭部打撲後の初診時検査で異常がなくても、1ヵ月後に必ず再検査することを勧めています。

 

頭を打ったことが原因で頭蓋骨の内側に出血する頭蓋骨内血腫は、命に関わる危険があり、場合によっては緊急手術を含む適切な治療が必要です。

内出血は、頭を打ってすぐに起こることが多いのですが、時に数時間後、1日、2日後に起こることがあります。受傷直後のCT検査やレントゲン検査で異常がなくても、その後、内出血が起こらないと断言できません。また、検査では分からない脳神経の損傷が起こっていることがありますので、頭を打った後の数日は「体調の変化がないか」を家族が注意深く観察することが必要です。

 

 

 

一人で悩まずに専門医へお気軽にご相談ください。

 

社会医療法人博友会は「精神科救急医療」体制が整っております。

平岸病院では休日・祝日を含む365日、時間外診療を実施しております。

まずはお電話でお問い合わせください。

 

電話番号:0125-38-8331

 

アクセス方法:

交通機関

◆JR⇒ 〔根室本線〕平岸駅下車(徒歩7分)

◆中央バス⇒

〔滝芦線〕〔砂芦線〕新光町停留所下車(徒歩1分)

〔高速ふらの号〕平岸停留所下車(徒歩7分)

 

駐車場も完備しておりますので、お車でもお越し頂けます。