社会医療法人 博友会

社会医療法人博友会は医療・看護・介護を通して地域に貢献いたします。

〇〇が認知症予防に効果的!?負担を軽減する方法を精神科医がアドバイスします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

適切な治療・予防と栄養管理 

 

認知症患者さんの中には痛みや不快感があっても、きちんと認識できなかったり、正確に伝えることが出来なかったりする人も少なくありません。当法人では、内科医と精神科医が連携して、一人ひとりの患者さんと向き合い、コミュニケーションを図りながら、内科的疾患の予防や治療を行っています。 

 

その中でも、特に大切にしているのは、「栄養摂取」です。栄養のバランスが崩れた身体では、どんなに良い治療を行っても、その効果も限られたものになります。患者さんの病状や栄養状態をしっかりと把握し、適切に栄養管理することで、治療効果と生活の質の向上を目指しています。 

 

家族が認知症になったときに気を付けることはこちらを参考に 

【コツは〇〇?】家族が認知症になったらどうする!?家族を介護する時に気を付けることは? 

 

 

医療法人社団博友会 

北の峰病院 精神科 

門田 智則 医師 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和45年 東京都生まれ 

平成11年 旭川医科大学卒業 

平成11年 旭川医科大学付属病院第3内科 

平成12年 公立芽室病院内科 

平成13年 富良野協会病院内科 

平成19年 北の峰病院精神科 

日本内科学会認定医 

 

 

〇症状に合わせた栄養の摂取方法 

・口から食べることができる場合:経口摂取 

口で噛む、味を感じる、見た目やにおいを楽しむなど、食べる行為は 「人間が生きるための根源的な動作」です。心の安定にもつながり、消化器官を使うことが免疫力を向上させます。できる限り口から食べることができるよう、口腔ケアにも力を入れています。 

 

・飲み込む力が低下した場合:胃ろう 

飲み込む力が弱ると食べ物の一部が気管に入り、肺炎を起こしやすくなります。そこで、簡単な手術でお腹の皮膚から胃までを管でつなぎ、栄養剤を注入します。消化器官を使い、自然に近い形で栄養摂取ができます。 

 

・消化管を通して栄養摂取ができない場合:中心静脈栄養法 

心臓に近い、太くて血液量が多い血管までカテーテルを入れて、必要なエネルギーや栄養素などを投与します。弱った消化器官への負担を軽減できます。 

 

【合わせて読みたい】 

うつ病の予兆?家族がおかしいと感じるときは焦らず専門家に相談して早期発見を! 

適応障害の原因・症状は?ストレスがある人は悩まずに専門家に相談しよう! 

家族がうつ病になったらどうする!?周りが気付く症状と家族ができるアドバイスは? 

【頭を打ったら…】こんな時は要注意!高齢者の転倒事故には気をつけよう!こまめな再検査をオススメします!